日本カンボジア友好関係

5月2日付のBusiness Cambodia(電子版)誌によると、アメリカ発祥の有名なコンビニチェーン店がアジア太平洋地域への展開を計画しており、カンボジアへの出店を検討している。

タイでセブン・イレブンの運営権を持っているCharoen Pokphand(CP)社のSuphachai Chearavanont社長によると、同社はセブン&アイホールディングとセブン・イレブンの出店を話し合っている。

CP社はSiam Makro Plc社の株を持っており、現在カンボジア、ミャンマー、インドなどで卸売り大規模店「マクロ」を出店している。

Suphachai社長は「毎日24時間営業するセブン・イレブンの展開は当該国の国民の需要に応え、愛用されるだろう」と述べた。

カンボジア語翻訳者:ホーン

2018/05/09

セブン・イレブンがカンボジアへの出店を検討

5月2日付のBusiness Cambodia(電子版)誌によると、アメリカ発祥の有名なコンビニチェーン店がアジア太平洋地域への展開を計画しており、カンボジアへの出店を検討している。
2018/05/02

リーリー社が日本企業との合同出資で1600万ドルを投資

4月29 日付のThe Phnom Penh Post(電子版)誌によると、カンボジアでせんべいを製造しているリーリー社が日本企業との合同出資で1600万ドルの投資を行い、リーリーカメダという会社を新しく設立し、今までの生産量の3倍増加した量を海外に輸出するとしている。
2018/04/04

マンダレーコーヒーグループ、ヨーマ銀行と契約

3月19日にグループが発表した声明によると、マンダレー・コーヒー・グループ(MCG)は、コーヒーの品質向上とコーヒー関連製品の開発を支援するために、ヨーマ銀行との間で約8億ドルの契約を締結した、と2018年3月20日付のttwin誌は報じた。
2018/03/28

ADBがカンボジアに6千万ドルを支援する予定

3月22日のThmey Thmeyカンボジア(電子版)によると、アジア開発銀行(ADB)はカンボジアにおいて、労働者のスキルアップのため技術・職業教育訓練プロジェクトに更なる6千万ドルを支援する予定であると、カンボジア労働省のイット・サムヘーン大臣が語った。
2018/03/22

カンボジアは中国からの投資が増加し続けている

3月7日付のThe Phnom Penh Post(電子版)誌によると、カンボジアでは中国からの投資額が5年連続1位になっており、今後も増加し続ける見込みだ、とカンボジア開発評議会(CDC)の副事務局長は語った。
2017/08/22

カンボジア:カンボジア首相:日本にスカイトレイン建設の投資を要請

8月8日付のThe Phnom Penh Post誌(電子版)によると、6日から3日間にわたり日本を公式訪問中のフン・セン首相は、
2017/08/16

カンボジア:2018年にシェムリアップ領事館の設立を検討

8月8日付のThmey Thmeyカンボジア誌(電子版)によると、カンボジアを訪問する日本人観光客に利便性を与えるため、日本政府はシェムリアップに領事館の設立を検討している。
2017/06/28

カンボジア:新しいプノンペン都知事が6月28日に就任

6月20日付のFresh News(電子版)によると、ノロドム・シハモニ国王により任命されたプノンペン都の新しい都知事
2016/12/28
20161228 Campupress 01

カンボジア:韓国企業が車両組立工場の建設に1億ドルを投資予定

月9日付のThe Phnom Penh Post(電子版)によると、韓国企業であるKolao Group社はカンボジアのスヴァイリェン州・バベット市の経済特区において、車両の組立工場を建設するために1億ドルを投資すると発表した。
2016/09/07
20160907 Campupress 01 jp

カンボジア:シンガポール系電力会社が太陽光発電の供給を2017年から開始

8月29日のThmey Thmey Cambodia (電子版)によると、シンガポール系企業の「Sunseap Asset (Cambodia)」は、カンボジア電力公社(EDC)と電力売買契約書に署名した。
2015/10/20
0012

カンボジア:プノンペン市内100カ所に信号設置

6月4日のプノンペン市役所公式Facebookページによると、プノンペン市役所および独立行政法人国際協力機構(JICA)の協力の元、プノンペン市公共事業局と日本人専門家が6月4日に会議を行い、100ヵ所の信号の設置について下記の通り協議した。