中央銀行がタイの決済システムにリンク

中央銀行がタイの決済システムにリンク

中央銀行は、水曜日に近隣のタイのカウンターパートと協力してQRコード決済システムを開始する計画を発表したと銀行関係者が語った。

いずれかの国の人々が互いに資金をすばやく送金できるシステムは、ビジネスや観光のために頻繁に旅行する人を対象としている。

カンボジア国立銀行(NBC)の発表によると、ユーザーはカンボジアのリエルをタイのバーツに(またはその逆に)変換するために高価な取引を使用する必要を迂回することができる。

また、このシステムはタイにいるカンボジア人の労働者が自分の家族に送金することを可能にする。

NBCの中央銀行局長であるChea Serey氏は、このイニシアチブは両国の金融機関の支援を受け、指導者が今年末に会談し、ルールと手続きを定義すると述べた。

このシステムは、カンボジアのリエルを銀行口座で利用するユーザーにのみ機能し、リエルの利用を促進することを目指している。

昨年のカンボジアの輸入額は155億ドルで、タイからの輸入額は総輸入額の16.5%であった。同国への輸入額の41.7%を占める中国に次ぐ第2位となっている。

昨年9月、NBCは広西チワン族自治区の中国人民銀行との間で、公式の元・リエルの為替レートを設定し、企業が米ドルを使わずに決済を行うことを可能にするという合意書に調印した。

カンボジア語翻訳者:ホーン