セブン・イレブンがカンボジアへの出店を検討

セブン・イレブンがカンボジアへの出店を検討

5月2日付のBusiness Cambodia(電子版)誌によると、アメリカ発祥の有名なコンビニチェーン店がアジア太平洋地域への展開を計画しており、カンボジアへの出店を検討している。

タイでセブン・イレブンの運営権を持っているCharoen Pokphand(CP)社のSuphachai Chearavanont社長によると、同社はセブン&アイホールディングとセブン・イレブンの出店を話し合っている。

CP社はSiam Makro Plc社の株を持っており、現在カンボジア、ミャンマー、インドなどで卸売り大規模店「マクロ」を出店している。

Suphachai社長は「毎日24時間営業するセブン・イレブンの展開は当該国の国民の需要に応え、愛用されるだろう」と述べた。

カンボジア語翻訳者:ホーン