マンダレーコーヒーグループ、ヨーマ銀行と契約

マンダレーコーヒーグループ、ヨーマ銀行と契約

3月19日にグループが発表した声明によると、マンダレー・コーヒー・グループ(MCG)は、コーヒーの品質向上とコーヒー関連製品の開発を支援するために、ヨーマ銀行との間で約8億ドルの契約を締結した、と2018年3月20日付のttwin誌は報じた。

2014年9月に設立され、株主と結成されたMCGは、コーヒーの栽培、生産、輸出を行っている。

ウィンロックインターナショナルと協力して、MCGはUSAIDの生産を増強するために参加した。

シャン州のヤゥンガン地域でコーヒーを栽培するための農村開発プロジェクトが行われた。

ラボバンク財団のスポンサーのもと、昨年3月、2500以上の家業を営む家族に総額1600万ドルの融資が行われた。

今年度は200%以上の輸出増加が見込まれている。

テレサMCギヘーUSAIDミッションディレクターは、コーヒー栽培者、生産者、輸出業者への財政支援は、高品質のコーヒーを努力して生産するために直面している最大の課題の一つであると言った。

クメール語翻訳者:ホーン