カンボジアは中国からの投資が増加し続けている

カンボジアは中国からの投資が増加し続けている

3月7日付のThe Phnom Penh Post(電子版)誌によると、カンボジアでは中国からの投資額が5年連続1位になっており、今後も増加し続ける見込みだ、とカンボジア開発評議会(CDC)の副事務局長は語った。「2013年~2017年までの5年間、中国はカンボジア最大の投資家となっており、投資額は計53億ドル、平均で年間約10億ドルに達している。中国からの投資は銀行、製造業およびインフラなど多くの分野にわたり、今後も成長し続け行くだろう」と同氏は述べた。

CDCの統計によると、2017年はカンボジアへの投資額が約63億ドルに達しており、前年の36億ドルから2倍近く増加した。

クメール語翻訳者:ホーン