カンボジア:日本企業がカンボジアで木屑の加工工場に興味を持つ

カンボジア:日本企業がカンボジアで木屑の加工工場に興味を持つ

7月6日付のFresh News(電子版)によると、ある日本企業はカンボジアのシアヌークビル州で木屑・ヤシ屑・植物の屑などを利用して木材加工工場を設立し、その製品を日本に輸出すること検討している。これは7月6日、日本投資家の代表がカンボジアのパン・ソーサック商業省大臣との会談で取り上げられたものである。
パン大臣はそれに対し、感謝の意を表すとともにカンボジアでの加工工場の設立を支持すると述べた。また、パン大臣は当該企業の代表者に対し、継続的な発展のため資源再生の対策も検討するよう求めた。

クメール語翻訳者:ホーン